【入院一日目】子宮内膜ポリープ切除術を受けてきました。

8月中旬に二泊三日で子宮内膜ポリープ切除術を受けてきました。

ポリープ手術が決まってから2ヶ月間くらい間が空いていたので、なかなかタイミングの合わなかった友達と会ったり、旅行に行ったりしてリラックスして過ごしていました。

入院する一週間前に入院の細かい説明と麻酔科の先生の話を受けて、主治医の診察を受けて一日は終了。

日帰りで手術をする病院も多いようですが、私の通院している病院は手術する前日から入院して、手術の次の日に帰る日程でした。

人生初めての手術で緊張MAX!!!
リスクの少ない手術とはいえ、やっぱり怖いですよね?
私も、すっごく怖くて沢山の方のブログを参考にさせて頂いたので、誰かの参考になれば幸いです。

入院1日目

朝10時には病院に到着、何人かの入院する方が受付をされていて順番を待っていました。
受付を済ませると、そのまま病室のある階までエレベーターで向かいました。
今日は仕事もお休みだった事もあり、主人も一緒です。

エレベーターを降りると、目の前の受付で再び名前を伝えて、担当の看護師さんが来るまで待っていて下さい、
と言われて、隣の待合室で待っていました。

病院での過ごし方や、注意事項の説明を確認して病室に向かいます。
4人部屋の病室でした。

病室に着くと、看護師さんからアレルギーの再確認やスケジュールの確認がありました。
「先生の診察が夕方にあるので、それまではゆっくり過ごして下さい」と。

午後の6時くらいに診察に呼ばれて、下に降りました。
きた・・・・
これから噂のラミナリアだ・・・

ラミナリアは手術をしやすくする為に子宮を広げる前処置です。
でも、いろいろな人のブログを見ても「痛かった・・・」の文字が。

痛く無いと思って痛かったら嫌なので、痛いと思っていざ診察台へ。
『痛い場合もあるので、頑張りましょうね』と先生。

うぅぅぅぅぅ こわい〜〜〜〜

『ラミナリア入れていきますね』

全身冷や汗がブワッと吹き出してきた

『う〜〜ん』ごそごそ
先生が何か手こずっている
『痛いよね。ごめんね』

はっ早く終わってくれぇぇぇぇぇ
痛いぃぃぃぃ😫
激しい運動をした並に汗が吹き出してくる(**)

『はいっ!終わりです』

『Kaoriさんは子宮が狭いからい入れづらかったの、ごめんね』
だっ、、、大丈夫です!

これが噂のラミナリアか。。。。
でも、子宮卵管造影検査に比べたら、まだ我慢できるかも!!


『少し痛みが続くけど、落ち着いてくるから安心してね』

診察室を出ると、痛みで動けずイスで休んでいました。
重たい重たい生理痛が続いている感じです。

1時間くらいすると痛みも引いて、普通に戻っていました。

ベッドで横になってのんびり。

では、次は手術当日の記事を書いていこうと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA