お腹に縦の線が!?妊娠線?!正中線?!調べてみました。

こんにちは^^
maiです♫

ある日お風呂に入っている時に、ふと鏡を見たら縦に線が入っているではないですか?!

何これ?!っておもわず声が出てしまいました。
とうとう妊娠線が出来てしまったかと思い、意気消沈_:(´ཀ`」 ∠):

でも、調べてみると妊娠線ではなく正中線というものでした。
妊娠するまで正中線の言葉自体も知らなかったので、同じ様に驚かれた方の参考になれば嬉しいです!!

お腹にできる真ん中の線。正中線とは??

妊娠すると色々な体の変化に驚きますが、お腹にまっすぐに出来た正中線もその一つでした。

正中線とは、妊娠中におへその上下にできる縦の線のことです。
正中線は肉割れで起きる妊娠線とはちがうそうなんです。

妊娠中期から後期の頃に出てくるのが一般的で、出産後には自然と消えていくみたいです!
人はもともと、細胞分裂を繰り返して人の形になる過程で、普段は見えませんが、みんな真ん中に線があるらしいのです。
例えば鼻の下の割れてるのとか、アゴ割れてるのとか、それもその細胞分裂の名残だとか。
男性、女性問わず誰の体にもあるそうです。

ホルモンバランスの関係

妊娠をきっかけに女性の体内ではさまざまなホルモンが作らレテいて、その中でも正中線に関連するのは、エストロゲンプロゲステロンというホルモンだそうです。

この2つのホルモンは、赤ちゃんが過ごしやすい子宮にしたり、胸を大きくしたり……と、妊娠・出産には大切なホルモンなのですが、なんと「色素の素・メラニンを生み出す作用(色素沈着作用)」もあるのです!

妊娠をきっかけに「シミができやすくなった」とか「乳首が黒くなった」といった声を聞いたことのあるプレママさんもいると思います。
正中線は、このシミや黒ずみと同じ現象なんですね。

正中線はいつできるの?消えるの??

妊娠で現れる正中線は、早くて【妊娠中期】である【妊娠16週】ごろから気になる人がいるようです。
私は妊娠後期の8ヶ月ごろから気になり始めました。
本当に気づいたら出来ていたという感じです。

一番の心配は、出てしまった正中線がこのまま残ってしまわないか不安ですよね。
安心してください!
出産後、ホルモンのバランスが産前のように戻れば、自然に薄くなっていくそうなんです!

さいごに

実際に自分が妊娠して、体験してみないと知らなかったこと分からなかった事が沢山あります!
正中線もその一つでした。

正中線を鏡で見たときは、速攻google先生で調べました^^;
正中線も、赤ちゃんが頑張って成長してくれている証だと思うと愛おしい感じもしますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA