不妊治療で処方されたクロミッドを服用。3日目に辛い副作用・・・

加藤レディスクリニックでクロミッドを処方されました。

飲み始めて3日目に今までにない下腹部の痛みと、嘔吐でもがいていました^^;
主人が心配して
『救急車呼ぶ?』
『あそこの病院なら、夜間診療しているから車で行く?』

と心配させてしまうくらい。
でも、優しい主人と結婚してよかったな〜〜と激痛と戦いながら、心から思っていました。

クロミッドは副作用が少ないと聞いたけど、どんな薬なんでしょうか?

クロミッドとは?

クロミッド(成分名はクロミフェン)は、排卵誘発剤でとてもよく処方されるお薬です。

卵胞の育ちを助けるお薬で、排卵力が弱い方にクロミッドは処方されるそうです。

クロミッド、通常5日間だけ飲むお薬で生理3日〜5日くらいから飲み始め5日間服用します。

先生の指示や体調によってお薬の量や期間は変わるようです。

どうして、クロミッド(クロミフェン)はこの時期だけ飲むお薬なのでしょうか?
クロミッド(クロミフェン)は、卵胞を刺激するホルモンを直接高めて行くのではなく、育ってきtくぁ卵胞が「大きくなって来たよ〜」という信号(卵胞ホルモン)を、ブロックするような働きがあります。

普通なら「卵胞が大きくなったよ」という卵胞ホルモンの刺激を受けて卵胞を育てるホルモンを弱めたり調整するのですが、クロミッドでその伝言をブロックされると、体は「あれ?まだ卵胞育っていないのかな?」と判断し、卵胞を育てるホルモンをもっと出そうとします。

そうして、卵胞の成長、排卵をより強力に後押ししているのがクロミッドという薬です。

副作用

病院では、副作用の説明が先生からなかったので最初は謎の腹痛に悶えていました^^;

痛みで冷や汗も出て来て、吐き気も。

クロミッドの副作用が高いのではないかと思い、加藤レディスクリニック(KLC)に次の朝電話して、服用を中止して早めに病院に来るようにに言われました。

クロミッドはよく処方されているお薬で、副作用も少ないと聞いたことがありますが、お薬が合わない人もいるようです。

2日後に病院に行きますが、卵ちゃんが無事に育ってくれていると良いのですが。。。

無事、採卵できますように><

不妊治療をしなかったら気づかなかった事や、知らなかった事が山のようです。
無駄な経験はないと信じて、一つ一つ乗り越えて行くぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA