業界初!日本生命保険(ニッセイ)の特定不妊治療保険のまとめ

こんにちは。
maiです♫
不妊治療には保険適用にならないのかなと考えていた所、ありました!

2016年4月から、高額な医療費負担が掛かる不妊治療の費用負担を保証する保険商品が金融庁より解禁されていました。

保険商品としては業界初の不妊治療適応の保険だそうです。
ニッセイが2こ016年10月2日より販売する不妊治療保険の商品は
「ニッセイ出産サポート給付金三代疾病保証保険」という商品名で、「3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の死亡保証に加えて、不妊治療の保証から出産の給付金」などが組み込まれている商品です。

主な3つのポイント

  1. 「出産した場合」と「所定の不妊治療を受けた場合」に給付金が受け取れます。
  2. 所定のがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病を保障します。
  3. 保険期間満了時に、一時金として最大200万円が受け取れます

商品の概要

・加入対象者・女性
・加入対象年齢・16歳〜40歳
・保険期間・10〜20年
・保証内容・三大疾病、特手不妊治療と出産祝い金、満時期の一時金
不妊治療が必要な女性でも加入でき、加入2年後から不妊治療費を保障。1回5万から10万円の給付金を最大で12回まで支払うとのこと。また、出産後も保障もあります。
月々の支払いが約1満円程度で10年、15年、20年の契約期間があり、満期の一時金もあります。

特定不妊治療保険の注意点

16歳から加入が可能ですが、若い世代の毎月1満円の負担は大きいなぁと思うのは私だけでしょうか?
 また、保険満了時の一時金最大200万円は最大であって、保険満了時までに、出産一時金及び特定不妊治療給付金を受け取っている場合は、満期保険金から差し引かれます。
そして、不妊治療保険の最大のデメリットが、将来の不妊治療の保険だという事です。
担保期間(保険金が支払われない期間)が出産給付金で責任開始日から1年間。
特定不妊治療給付金で、責任開始日から2年間(その他がん保障は責任開始日から90日間)です。
どういうことかというと、契約から2年間は保険の支払いを受けることができません。
おそらく、多くの不妊治療を受けている方は「まさか自分が不妊治療を受けると思わなかった・・」「妊活を始めたのに、子供がなかなか授からなくて不妊治療を始めて考えた」と思っている方が多いのではないでしょうか?

この点を考えると、現在不妊治療をしている方にとってはプラスになるのかは少し疑問でした。

まとめ

不妊治療という特殊な保険だとは思いますが、不妊治療に特化した、本当に不妊治療に悩んでいる方の保険商品が出てくればいいな・・・と思います。

子供が欲しくて不妊治療を続けたいけれど、高額な医療費を払い続けるのは本当に本当に大変な事です。

業界初ということで、良い点ばかりがクローズアップされやすいですがメリット、デメリットをよく吟味していきたいなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA